活動ブログ

ブログ一覧

2021/06/13 例会山行 経ヶ峰

6月例会登山 経ヶ峰(819.3m 二等三角点)

山行日は昼前後から小雨との予報が出ており、中止か決行かの判断が難しかったが、最終的には決行とした。昨年はコロナ感染拡大の関係で山行を中止にしたので、2年ぶりの山行となった。

経ヶ峰は津10山の一つに数えられ、四季を通じて楽しめる人気の山である。山名は、山頂付近の経塚に経典が納められていることに由来すると言われている。この山は、布引山地の東端に位置し南北に長く裾を引いており、中勢の何処からも眺めることが出来、山頂は広く山頂の展望台からは、天気が良ければ伊勢湾・青山高原・鈴鹿山脈と360度の素晴らしい眺望を楽しむことが出来る。

行の参加者は、始め29名で多くの希望者であった。これだけの参加者となるとA・Bの二班に分けての行動を考えていたが、山行日が近づくにつれ不参加者が増え最終的には12名となった。
県庁駐車場へ6時半に集合し、車3台で経ヶ峰平尾(ひろ)ルート登山口へ向け出発した。空は薄曇りである。現地へは2時間程である。登山口の駐車場は小さく早く満車となるので心配であったが、天候の影響もあり無事停めることが出来た。

コースは、平尾ルートの植林コースから山頂を目指し、帰りは平尾ルートのパノラマコースを経て駐車場へ戻る周遊コースである。

雨が降らないことを祈り出発。杉・桧の植林の1時間程を歩く。高座原ルートとの出会いを経て、反射板を過ぎると山頂は近い。山頂付近はガスで眺望は無し。致し方ないが残念である。山頂のベンチで昼食を取っていると雨が降り出した。雨の降りだしが少し早い。早々に切り上げ下山。下山コースの途中で少し雲の切れ間から下界を眺めることが出来た。雨は分かっていたが、山頂からの素晴らしい眺望が楽しむ事が出来なかったのは、残念であった。
【馬渕 等 記】

【日 時]  令和3年6月13日(日)
【場 所]  三重県 津市
【参加者】 馬渕 等(CL)、竹中佳美(SL)、今峰正利、小島孝子、佐藤 正雄、
白木 貞次、高木基揚、長屋桂子、林 靖子、藤田佳大、三宅 一正、
渡部慶洋  …以上12名

【タイム】 岐阜県庁6:30(発) ⇒ 経ヶ峰平尾ルート登山口駐車場8:15(着)
8:30(発)→ 平尾ルート(植林コース)→ 反射板9:50→山頂 
10:20(着)昼食10:50(発)→ 平尾ルート(パノラマコース)
→ 経ヶ峰平尾ルート登山口駐車場12:05(着)、12:25(発)⇒ 
 岐阜県庁14:20(着)

【地形図(2万5千分の1)】 椋 本(名古屋12号―1)   

2021年06月13日

2021/06/06 例会山行 鳴谷山

鳴谷山 HP用
登山口 9:00 → 鉄壁10:00 → 砂御前山分岐10:35 →砂御前山11:00 →
砂御前山分岐 11:30 → 13:13 鳴谷山 13:55 →16:15 下山

参加者 17名


白山展望地で有名な鳴谷山に行ってきました。
登山口までの林道がダートでビクビクしながら運転し、駐車場はほぼ満車でしたが、なんとか駐車できました。今回は人数が多かったので、早いチームとのんびりチームに分けました。


天然スギ保護林の中にあり、天然杉の大木がみごとでした。
水芭蕉は見ごろ過ぎていましたが、少し残っていて、リュウキンカは咲き誇っていました。


早いチームは予定より早く進んでいたため、途中で砂御前山に行きました。手入れされた登山道ではありませんが、踏み跡があったので、木々や笹の生い茂った痩せ尾根の中を進みましたが、藪こぎ初体験の会員からはこわい~、ギャーと奇声が上がっていましたが、だんだん慣れてきたようで、最後は面白かったと言っていました。ここの山頂に到着した時に妙な達成感がありました。


登山道に戻り、コブシ?タムシバ?トンネルを進み、山頂に到着。第2チームは既に昼食を食べている所でした。山頂は白山展望地と言われるだけあり、みごとな白山を見ることができました。

2021年06月06日

2021/05/09 例会 高島トレイル 最初の一歩 乗鞍岳

集合: 美濃国分寺 2021/05/09 06:00

Sスタート地点08:37 - 10:17乗鞍岳 - 11:31芦原岳12:20 - 13:16猿ケ馬場山13:22 - 13:48黒河峠13:58 - 14:21ゴール地点G

今日は日本山岳会 岐阜支部の例会で高島トレイルに。高島トレイル最初の一歩。
移動するのが厳しい時代になったが、山で健康を管理したり活路を見出している人もいる。
体を動かし続けることは大切だと思う。長く動かないと心も体も萎えてしまう。
きちんと感染対策をしながら、無理をしない近隣の山をあるき続けようと思う。

 

さて、今回は例会山行なので緩めの山行。
高島トレイルもスキー場から乗鞍岳を経て黒河峠まで。
ゆっくりめの山行なので、地図読みの訓練をしながら登ることとした。
午前は雨・しかも強風でさむかった。しかしこれは予想の範囲内であったので、準備は万端だった。


午後からは晴れ間が広がり、素晴らしい景色であった。黄砂がひどく遠くまで視界がきかなかったのは残念であった。

 

高島トレイル起点周辺は美しいブナ林が広がり、雨でも晴れでも景色が楽しめる。
山行自体は本当に楽しいものだった。


新入会員との楽しい談笑や、地図読みを教えながら登るのも新鮮で良かった。
帰りは素晴らしい青空で、楽しい一日を締めくくった。参加したメンバーも皆楽しそうだった。

 

できる範囲でできるだけのことをしようと誓った山行でした。

 

 

2021年05月09日

2021/05/02-03-04 百名山企画 九州 九重-阿蘇-由布

集合: 美濃国分寺 2021/05/01 20:00

1日目 山行 5時間58分 休憩 1時間40分 合計 7時間38分
S長者原08:16 - 09:10指山自然観察路分岐 - 09:47雨ヶ池越 - 10:24坊ガツル11:16 - 11:27法華院温泉 - 11:52鉾立峠 - 12:48白口岳 - 13:13稲星越 - 13:33稲星山 - 13:43神明水 - 14:07久住山 - 14:29久住分れ14:43 - 15:09北千里浜 - 15:14諏蛾守越分岐 - 15:47法華院温泉 - 15:54宿泊地泊

2日目 山行 5時間0分 休憩 30分 合計 5時間30分
-赤川登山口11:17 - 阿蘇山上広場 12:57南岳 - 13:18中岳 - 13:43阿蘇山 - 13:52仙酔尾根分岐 - 13:57天狗の舞台 - 14:03高岳東峰 - 14:17天狗の舞台 - 14:24月見小屋 - 14:48中岳 - 15:04南岳

3日目 山行 3時間50分 休憩 1時間50分 合計 5時間40分
泊由布岳正面登山口06:11 - 06:24日向岳自然観察路入口06:25 - 06:51合野越 - 08:02マタエ08:15 - 08:23障子戸08:36 - 08:38由布岳08:51 - 09:04塚原分岐09:26 - 09:59由布岳東峰10:21 - 10:22マタエ10:37 - 11:24合野越 - 11:45日向岳自然観察路入口 - 11:51由布岳正面登山口

日本山岳会 岐阜支部の百名山企画で九州へ。コロナ禍の中、実施についての判断に相当苦しんだが、参加者の健康チェックと岐阜と目的地の宣言状況をみて行うこととした。
今回は、九重-阿蘇-由布の三座。


5月2日朝、九州いり。現地集合のメンバーをピックアップし、九重の駐車場、長者ケ原に向かう。冬型の気圧配置でものすごい風の一日。坊がつるのテント場では、2つ持っていったうちのテントが倒壊した。朝方はお天気良かったが、登っているうちに雪が振り始め、久住山山頂では猛吹雪に。顔面に当たるあられが痛くて大変。ホワイトアウトしたため、中岳はパス。ハイキング予定できていた親子と途中から一緒に下山した。天気は予想通りだったので、雪とホワイトアウトは想定内。地形図とGPSで坊がつるに下山したが、5月の九州で猛吹雪にあったのはこれまた貴重な経験だった。楽しみにしていた法華院温泉は人が多かったので避けることにした、残念。


5月3日は高気圧に覆われ、雲ひとつない晴天に。坊がつるでの景色を楽しんだ後に下山、そのまま阿蘇山へ。阿蘇山は九州、いや全国でも第一等の山だと思う。外輪山と高原を従えた壮大さ、常に噴煙を上げる巨大な火口は他に類を見ない。また阿蘇の中岳・高岳からみる景観もどこを見ても絵になる。阿蘇には何度か遊びに来ているが、これだけ天気が良かったのは初めてで、始終感動した。

 

最終日は由布岳。由布は初めて登るのでとても楽しみにしていた。遠目にもわかる美しい双耳峰に九州に来るたびに惹かれていたので、今回登れるのは嬉しい限り。非常に急峻に見えるが、山頂直下まではよく整備された登山道で勾配も緩くつけられている。山頂直下から西峰は鎖場が連続する岩場となる。お鉢めぐりで西峰から東峰までつないだが、初心者を連れていたのでなかなか緊張した。確保用の装備は持参したが、問題なく通過できたので、使う機会はなかった。バリエーションチックで楽しい行程だった。東峰からの降りは一般登山道に近く駐車場まで景色を楽しみながら下山した。由布岳からの景色は、別府湾の景色や九重山群に加え、本州・四国まで見通すことができ、素晴らしいものだった。

素晴らしい九州登山だった。GWということもあり、山は老若男女含め人数が多かった。外出がとやかく言われるが、広い野原で体を動かす若者や年配の方々を見ると健康的で気分は良かった。岐阜への帰路が一番たいへんだったかな?夜中に無事に帰着し解散した。


おまけ

 

2021年05月05日

2021/04/25 懇親山行 御在所岳

S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)07:36- 07:41一ノ谷御在所山の家- 07:46中道登山口- 08:03御在所岳中道裏道分岐- 08:13おばれ石08:32- 08:36地蔵岩- 08:47キレット09:02- 09:54富士見岩- 10:11見晴台- 10:28 御在所山 一等三角点11:10- - 11:25第一ケルン 裏道登山道九合目- 11:37国見峠11:42- 11:56国見尾根分岐- 12:02石門- 12:07国見岳- 12:26青岳- 12:34きのこ岩- 12:46ハライド・伊勢谷(ブナ清水)分岐- 13:40岳不動尊道・ヤシオ尾根道分岐- 13:52藤内小屋14:18- 14:30熊岩- 14:45御在所岳裏道国道入口

総会後の恒例行事として、御在所岳で懇親山行を行いました。



本来であれば3ルート、ロープウェイ・武平峠・中道-裏道の予定でしたが、感染症の関係もあり、中道-裏道のみ実施。参加者は13名でした。



最近人数が増えてきている新入会員も参加していただき、岩やヤブの岐阜支部エキスパートの方々との会話も楽しそうでした。新旧会員織り交ぜて仲良く登る懇親山行はとても楽しい。ずっと笑いっぱなしの山行でした。

 


アカヤシオがそこここで咲いていたので、帰りは裏道から遠回りしてヤシオ尾根から下山。満開にはまだ早いものも美しい景色を楽しみました。新入会員の方々はバリエーションチックなヤシオ尾根からの下りを楽しんでいました。

 

石門の上に登って遊ぶ。

 

キノコ岩。このあたりのアカヤシオがきれいに咲いていました。来週が見頃かな?

 

藤内小屋のテスト岩で大先輩たちからクライミング指導もいただき、充実した一日でした。

2021年04月25日
» 続きを読む