日本山岳会 岐阜支部について

私達は、日本最古の山岳会である「公益社団法人 日本山岳会」の岐阜県における活動の母体です。

岐阜を中心に活動をしておりますが、全国組織である日本山岳会の利点を活かし、全国33の支部と連携を取りながら幅広く活動を続けています。

山の楽しみ方も様々で、山行に始まり、自然観察/保護、研修、歴史や信仰の調査などその活動は多岐に渡ります。
山や自然を愛するすべての人とともに運営を行っております。。

岐阜の山には、アルプスあり、奥美濃の山々ありと四季を通じて楽しむことができます。また岐阜市のシンボルである金華山も日頃の訓練やゆっくりした山行に最適です。

会員同士の楽しい山行と登山技術の向上を通して親睦を深め、楽しく活動できる支部を目指しています。

支部長あいさつ

日本山岳会 岐阜支部 支部長の高木基揚です。

岐阜には全国に誇る美しい自然と山々があります。北アルプス、3000mの峻険な山々に私達は常に敬愛の心を抱きます。同時に、深く静かに広がる奥美濃の山々では藪や沢を始め、豪雪地帯ならではの雪の山を楽しむことができます。岐阜には、アルピニズムあり、日本流の登山ありと、まさにあらゆる山行活動のフィールドがあります。

日本山岳会 岐阜支部 には百名近くの在籍者がおりますが、山に対する嗜好は様々です。尾根を縦走する者、沢を遡る者、岩を制覇するもの、花と自然を愛する者、雪を行く者、歴史の道をつなぐ者、修験の道を行く者。そして、お互いが尊重しあい、日本山岳会 岐阜支部というコミュニティを作り上げています。

「岐阜県における山行とは、すなわちこれ日本の山行の総括である」との自負を持って、ご挨拶とさせていただきます。

感染症対策に関して

日本山岳会 岐阜支部では、新型コロナの感染拡大等の緊急時には、速やかに政府の感染症対策方針に基づき、柔軟に活動計画を変更していきます。
できる範囲内でできる限りのことをする。常に柔軟に対処をしながら、岐阜支部の活動を続けていきたいと思います。